忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
小説は5段階あります。
>1=ほのぼの系
>2=抱きしめありかも
>3=キスありかも
>4=妙Erかも
>5=Erかも
プロフィール
HN:
めい
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵を書くこと
自己紹介:
漫画を書いたり、音楽を聴くのが
好きなヲタクかも!

ストパニなどの小説やら読んでます。
小説を書く練習だと思ってください。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
最新コメ
[04/04 ミドリン]
[01/04 ミドリン]
[12/27 ミドリン]
1  2  3  4  5  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : めい ×


城で眠る1人のお姫様。

この眠りを覚ますには王子様の口付け――。













「むにゃむにゃ・・・」

「まーったくもぅ!!今日は珍しいわねぇ~」



只今の時刻8時
こんな時間まで寝ているのは木乃香である。

いつもなら早く起きて朝食を作ってくれているのに・・・・
本当に今日は珍しい。そう思っていた明日菜はふと、あるおとぎ話を思い出した。


たしか――悪い魔女によって眠らされたお姫様。
そのお姫様を助け出そうと戦う王子様。

そして悲しみに震える王子様はお姫様にキスをする。
するとお姫様は目を覚ましめでたくゴールイン。



そんな話があったようなぁ~
それならばと明日菜は木乃香のベットに近づいた。


「姫。只今起して差し上げます。んむぅ~」


明日菜の唇が木乃香の唇に触れる。





その前に豪快な爆裂音が聞こえた。


「はぁはぁ・・・申し訳ありませんお嬢様!!!!私とした事が寝坊なんて・・・・」

「あ・・・」

「はぁ!?」

「お、おはよう~刹那さん」

「あ、明日菜さん・・・あなたは一体・・ナニをなさってるんですか―――――!!!」

「ぎゃぁ――――――――!!!!!!」








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~











「ごめんなさい。」


「もういいですよ。しかし・・・本当に珍しいですね」


「私もビックリしたのよ~起してもなかなか起きてくれなくて、まったく困ったもんよね」


「(いつもはあなたが起きないんですけど?)」


「とりあえず、刹那さん。木乃香起してくんない?」


「え、私がですか!?」


「あったりまえじゃなーい!!刹那さんじゃなきゃ誰が起すのよ!!」


「(明日菜さんが起してくれれよいのでは?)」


「じゃぁ!よろしく~」


「ちょ・・・明日菜さん!!」




バタン



ドアが閉まる音だけがその部屋に響いた。

PR
author : めい ×





その言葉を聞いた刹那は一瞬体が熱くなって頭がクラッとした。

 

刹那は目を閉じゆっくり自分の額を木乃香の額に置いた。
目を開けた2人は見詰め合い 微笑んだ


優しく口付けをする。何度も口付けをする。
そしてだんだんと舌を入れ絡める 


唇を離すと木乃香は刹那の頭に手を伸ばす。
すると刹那の黒く美しい髪がなびく。

 

 

author : めい ×

刹那は明日菜に一礼し優しく微笑んだ。
そして刹那は部屋へ走っていった。
木乃香の居る部屋へ  愛しい人の元へ

 

明日菜は刹那を見送りながら小さく呟いた。

 


「無自覚・・なんだからっ」

 

 


刹那は走った。焦る気持ちを押さえながら全力で走った。
寮までの距離はそんなになかったため目的地にはすぐ到着した。


部屋の前で息を整えながらゆっくりとドアノブに手を掛ける。


このドアの向こうにはお嬢様がいる・・・・
何て言ったらいいのだろう・・・・どんな顔で会えばいいのだろう
会った時・・・なんて言われるのだろう


会いたいと思う気持ちと会いたくないと思う気持ちが交差する。
さっき明日菜さんから聞いた話を思い出す。

 

『本当はすっごく不安なんだよ』

 

会わなければいけない・・・・会って気持ちを伝えなければいけない


拳を作りそっとドアを叩こうした時ドアがゆっくりと開いた。
ドアの向こうにはお嬢様が、笑顔で立っていた。


「おかえり、せっちゃん」

author : めい ×

「朝倉!?」

「へ、何?」

「屋上で刹那さんとナニやってたのよ!!」

「何だ明日菜見たの?」

「見たし聞いたの――!!!」

「明日菜ってば覗き~?」

「朝倉ぁ!!!!」

「はいはい、教えるから怒らない」

「落ちついてください」

「実はさぁ~私最近モテてるらしくて、ラブレターとか
 いっぱい貰うんだよねぇ~」

「はぁ?」

「いや、だからモテるんだって」


author : めい ×

「う~ん、とりあえず刹那さんを連れ戻す?」


このまま放っておくのはかわいそうだからと
明日菜は刹那を連れてきたほうがいいと考えた。
しかし、木乃香の返事はあっけなぃものだった。


「どこにいるかわからんやろ・・」

「そうだけど・・」


気分を紛らわせようとお茶を入れに席を立つ木乃香。
その姿を見つめる明日菜はある事を決心する。
お茶を飲むか、明日菜に言う(とう)木乃香

返事がないことを不思議に思い後ろを振り返ったが
そこに明日菜の姿はなかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「ハァハァハァ」


誰もいない校舎に聞こえるのは走る足音と荒い息遣い

明日菜は廊下を必死に走っていた。
色んな教室を開けては走るの繰り返し
いくら同じ行動を繰り返してもある人物はどこにもいない・・
とうとう屋上に辿りついた明日菜はドアノブに手をかける
すると誰かの声が聞こえてきた。


明日菜はそっと壁に耳を付けた。


 

author : めい ×
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin