忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
小説は5段階あります。
>1=ほのぼの系
>2=抱きしめありかも
>3=キスありかも
>4=妙Erかも
>5=Erかも
プロフィール
HN:
めい
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵を書くこと
自己紹介:
漫画を書いたり、音楽を聴くのが
好きなヲタクかも!

ストパニなどの小説やら読んでます。
小説を書く練習だと思ってください。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
最新コメ
[04/04 ミドリン]
[01/04 ミドリン]
[12/27 ミドリン]
1  2  3  4  5  6  7 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : めい ×

5時40分。木乃香は変な夢を見て目を覚ました。
その夢は・・・・・何故だろう。思い出せない。
夢の中にはせっちゃんが居たような、そして凄く楽しい・・
思い出せない。思い出せない。思い出せない。

「なんでやぁ!!」

木乃香は驚いた。

「今のは・・夢?」

とても夢とは思えない・・何と言っていいか分からない
とてもリアルな・・・
今の木乃香にはさっきの夢は楽しいものではなく
凄く哀しく、寂しい感じがした。
そう、それはまるで他の人の・・心の中・・

「木乃香ー。起きたの?」

木乃香は声のした方を見るとそこには
明日菜とネギが台所に立っていた。

「あ、木乃香さん。おはようございます。」
「あ、あぁおはよう。ネギ君」
「どうしたのよ木乃香」
「ふぇ?何が?」
「何が?って・・・今何時だと思ってるの?」
「え?・・・」

明日菜に言われて木乃香はパッと時計を見た。
時刻は10時20分
木乃香は時計をじーっと見つめ、目を丸くした。

「ち、遅刻やー!!」
『!?』
「2人とも何のんびりしてるん!?遅刻やて!」
『・・・』

明日菜とネギは不思議そうに首を傾げ
木乃香を見て言った。

「木乃香。今日、土曜だよ?」
「へ?」
「どうしたんですか?木乃香さん」
「え・・・いや・・」
「体の調子でも悪いんですか?」
「なんでも・・何でもあらへんよ・・」
「??」
「・・・(アニキアニキ)」
「!!(カモ君?どうしたの小声で)」
「(木乃香の姉さんに何か感じねぇか?)」
「(え?何かって・・・!?)」
PR
author : めい ×

 

刹那は木乃香を追いかけていた。

 

「お嬢様ー!!お待ち下さい!!」

 

クラスの皆に比べると刹那の運動神経は

いい方だろう。剣の修行もやっているし怪物相手に戦ってきた

刹那だ。木乃香に追いつくのは簡単・・・だと思ったのだが

木乃香はありえないくらいのスピードを出していた。

そう、あの人のような・・・

 

「くっ何て速さだ!!お嬢様はいつの間にこんなに早く・・」

 

とうとう見失ってしまった。

刹那は焦りながら木乃香を探した。

そして気がついたら世界樹の前に来ていた。

 

 

author : めい ×

 

 

「せっちゃんのあほー!」

「あっお嬢様!!」

 

木乃香はそういって教室を飛び出していった。

その後を刹那は追いかけた。が、

もう木乃香の姿はなかった。

 

「はぁはぁ、お嬢様・・」

「・・・またなの?」

「!?・・明日菜さん」

「はぁーまったく、仲良すぎるかと思ったらすぐケンカするんだからぁ」

「・・・」

「で、今度はなんなのよ」

「えと・・・」

 

 

 

 

author : めい ×

お久しぶりです。

なかなか更新出来なくてすみません;

小説の方は何とか出来ていますが見てのとうり

打ってないです

結構忙しくってですね・・

明日小説を更新出来たらな~と

思っています。

でわ失礼します

author : めい ×

 

私は何て事をしたんだ

いや、正式にはしようとしたのだが・・・

あぁ、何てことを、何で・・、

 

 

「せっちゃんっ!!」

「うわ!な、お嬢様?」

「もうせっちゃんったら!呼んでるのに!」

「あっすいません・・」

お嬢様はどうして平気でいられるんですか?

襲われたのはあなたですよ?

襲ったのは私ですよ?

どうして話掛けるんですか?

「なぁせっちゃん・・・」

「は、はい。何でしょう」

お嬢様から目を反らしながら返事をした。

少ししてお嬢様がため息をついた・・・ような気がした。

するとお嬢様は私の腕を思いっきり引っ張って走り出した。

author : めい ×
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin