忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
小説は5段階あります。
>1=ほのぼの系
>2=抱きしめありかも
>3=キスありかも
>4=妙Erかも
>5=Erかも
プロフィール
HN:
めい
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵を書くこと
自己紹介:
漫画を書いたり、音楽を聴くのが
好きなヲタクかも!

ストパニなどの小説やら読んでます。
小説を書く練習だと思ってください。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
最新コメ
[04/04 ミドリン]
[01/04 ミドリン]
[12/27 ミドリン]
33  32  31  30  29  28  27  26  25  24 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : めい ×

「う~ん、とりあえず刹那さんを連れ戻す?」


このまま放っておくのはかわいそうだからと
明日菜は刹那を連れてきたほうがいいと考えた。
しかし、木乃香の返事はあっけなぃものだった。


「どこにいるかわからんやろ・・」

「そうだけど・・」


気分を紛らわせようとお茶を入れに席を立つ木乃香。
その姿を見つめる明日菜はある事を決心する。
お茶を飲むか、明日菜に言う(とう)木乃香

返事がないことを不思議に思い後ろを振り返ったが
そこに明日菜の姿はなかった。


~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「ハァハァハァ」


誰もいない校舎に聞こえるのは走る足音と荒い息遣い

明日菜は廊下を必死に走っていた。
色んな教室を開けては走るの繰り返し
いくら同じ行動を繰り返してもある人物はどこにもいない・・
とうとう屋上に辿りついた明日菜はドアノブに手をかける
すると誰かの声が聞こえてきた。


明日菜はそっと壁に耳を付けた。


 


「もう少し強く抱きしめて」

「こ、こうですか?」

「ん・・もっと」

「これで・・いいですか?」

「もっとぉ」

「でも・・」

「じゃないと顔、写っちゃうよ」

「・・・わかりました」


聞き覚えのある声だが誰なのか良くわからなかった明日菜は
ドアを少し開けて覗いてみた。
するとそこには見たことのある人影があった。


「(・・・朝倉!?と・・刹・・那さん?)」


朝倉だということははっきりわかったがもう1人は
顔が良く見えなくて分からない。
髪は黒くて肩ぐらいの長さで髪を下ろしている。
背は小さい方。
証拠としては不充分だが刹那だと言う事はいえなくもない。

でも何故朝倉と抱き合っているのだろう・・・
それもあんなに激しく。・・いやいや!!あれは見間違いだ
刹那さんに似てる誰か別の人だ。明日菜はそう思った。

その時、強い風が吹いた。
2人のスカートが靡く(なびく)。
明日菜は自分の目を疑った。
風によって靡いたスカートの下に見えたのはスパッツだった。

いくら外見が刹那に似てるとしてもそこまで似てるわけがない。
すると朝倉と今抱き合ってるのは・・・


ガタッ


「?」

「今・・音しましたよね?」

「うん・・ドアの方から・・あれ?」

「どうしたんですか?朝倉さん」

「ドアって開いてたっけ?」

「え・・・」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 



明日菜は無我夢中で走った。
大変なものを見てしまった・・心の中で繰り返し叫んだ。
このことを木乃香に言うべきだろうか?
それともこのまま自分の胸の中にしまっておくべきだろうか?


「はぁはぁ・・?」




タッタッタッ




私以外の足音が聞こえる。




タッタッタッ




私を追いかけてくる。

 

明日菜は目を瞑り走りつづけた・・が
何かに腕を引っ張られ体勢を崩した。



ドサッ



「いたた・・」

「大丈夫ですか?明日菜さん」

「あ・・せ、刹那さん!?」

「? は・・はい」

「わ、私ナニも見てないよ!!」

「見てない?なにを・・ってもしかして・・・・屋上に、いたんですか?」

「・・う、ううん」

「・・・本当のこと、言って下さい」

「・・・・」

「・・・・」


「屋上に・・いた」

「そうですか・・・・」

「刹那さん!!どう言う事なの!!木乃香という人がありながら」

「え?なんの・・ことですか?」

「とぼけても無駄なんだからね!!私見たんだからぁ
 刹那さんと朝倉が抱き合ってたところ!!」

「あ!?あぁ・・そのことでしたら//////」

「・・・・」

「あれは・・「おや~明日菜じゃん!こんなところで何やってんの?」










続く


今日はここまで~ちょっとさぼっててごめんなさい!!
テストがあってなかなか書けなかったんです。
今回からカテゴリー別に書いていきます。
数は少ないと思いますが別にした方が読みやすいというか・・
まぁいいと思ったのでw
でわこれからもヨロシクお願いします!!


PR
author : めい ×

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK URL
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin