忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
小説は5段階あります。
>1=ほのぼの系
>2=抱きしめありかも
>3=キスありかも
>4=妙Erかも
>5=Erかも
プロフィール
HN:
めい
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵を書くこと
自己紹介:
漫画を書いたり、音楽を聴くのが
好きなヲタクかも!

ストパニなどの小説やら読んでます。
小説を書く練習だと思ってください。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
最新コメ
[04/04 ミドリン]
[01/04 ミドリン]
[12/27 ミドリン]
32  31  30  29  28  27  26  25  24  23  22 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : めい ×




「せっちゃ~んお茶どぉぞw」

「あ、いただきます。お嬢様」

「木乃香~私はおかわりー」

「あ、僕も」

「了解や♪」


ある夜、3人はお茶を飲みながらゆったりと過ごしていた。
晩ご飯を食べ終えたところに刹那がやってきた。
今日は遅い時間まで仕事だったらしく、学校が終わってから
木乃香は刹那と一緒にいる事は出来なかった。
ちなみに今は8時。


いつも自分のとなりに居た人がいないとテンションも上がらない。
離れてたと言っても部活の時ぐらいしかない
流石に何時間も会わないとなると・・


それから刹那は帰ってきた。どんなに遅くなっても
自分のところに帰って来てくれる。
それは木乃香にとってはすごくうれしい事だった。


「そや!!せっちゃんお腹空いてない?晩ご飯一杯残ってもうたんよ」

「え、そうなんですか?・・・じゃぁお言葉に甘えて」

「甘えて甘えて♪」


「木乃香も不器用だよねー刹那さんの分取っておいてたくせにw」

「木乃香さん本当に刹那さんの事が好きなんですね」


「えっと・・・」




ブツッ



「うわぁ何!?」

「あーんびっくりしたぁ」

「お嬢様!!ご無事ですか!!」

「うん。ウチは平気やw」

「停電・・のようですね」




「にしても真っ暗だなぁ何も見えないや」

「明日菜さん大丈夫ですか?」

「私は平気よネギ。あんたこそ大丈夫なの」

「はい!!僕はなんともないです」

「お嬢様ーお嬢様どこですか!!!」

「ここやせっちゃん。はよう助けに来てー」

「クソ!!何も見えない」


声だけでは木乃香の居場所が把握できない。
手探りで進んで探すしかないが、真っ暗で方向も分からない。
とりあえず壁際へ行こうとゆっくりと進んだ。
すると人間らしい感触があった。
確かめようと手を上へ伸ばす。


「お嬢様ですか?」

「きゃぁ!!そ、その声は刹那さん・・」

「あ、明日菜さん!!」

「あ、や!!!刹那さんそこ触らないで~」

「す、すみません!?」

「やん!もぅ刹那さんのエッチ!!」

「へ?私は触ってないですよ・・」

「え・・じゃぁこの手は・・・・ネギ!?」

「す、すみません。転んじゃって」

「こんの~エロネギぃ!!!!!!」

「あ、ああああ明日菜さ・・ぶぅ!!」



「むぅ~」


1人頬を膨らせて3人の会話を聞いていた木乃香。
そんな木乃香に毛むくじゃらの生物が話しかけた。


「木乃香の姐さん。」

「この声は・・カモくん?」

「そうですぜ。木乃香の姐さんは刹那の姐さんに来てもらいたいんすね?」

「う、うん・・そうや」

「そんな時は」

「そんな時は?」

「ニオイで呼べばいいんすよ」

「ニオイ?」

「木乃香の姐さんが作った料理のニオイで刹那の姐さんを呼ぶ」

「なんや動物みたいやな・・・・」

「この際そんなこと言ってらんないっす」

「そやな!!」


木乃香は台所に置いてあるはずの皿を
手探りで探した。
皿は直ぐに見つかった。ラップを外し床に置いた。
まだ温かっかためうっすらと香りがした。
これなら行けると2人は風を送った。



「あ、明日菜さん・・・ん?ニオイ」

「気づいたみたいっすよ。じゃあっしはこれで失礼しますぜ」

「カモくんどこ行くの?」

「アニキを助けに行くんす。それと2人の邪魔をしないように」

「もぅカモくんまで!!」



「これは・・・お嬢様の料理」


刹那はそのニオイを辿って進んだ。
だんだんとニオイが部屋に充満してきて分かりづらなっていた
木乃香もそう感じていた。


「せっちゃん!!」


その一声で刹那は木乃香の居場所が特定できた。
急いでその場を目指した。


「お嬢様!!」

「せっちゃん!!」

「すみませんお嬢様」

「ううん、来てくれてありがと・・」


暗闇で相手の顔が見えないため
木乃香は刹那の手を探し、その手を辿って上へと手を伸ばした。
肩まで行った手をゆっくりと横へずらし鎖骨を触った。
一瞬ビクッと反応した。そんな刹那の顔を想像して首を通り
頬を通り唇で手を止めた。


「おじょ・・」


刹那の唇が動いた瞬間木乃香は自分の指を頼りに
唇を付けた。


一瞬ためらっていたであろう刹那の手がだんだんと自分の腰に
伸びていくのを感じた。
唇を離した木乃香であったが突如息苦しくなった。

 

「はぁ・・あ・・せ」



その時の刹那はいつになく激しかった。
木乃香の腰に巻かれた腕は硬く解く事は不可能
少ししてから木乃香の口内に刹那の舌が侵入してきた。



「!?・・・ん・・ふ・・やぁ」



ぎこちないキスもたまにする激しいキスも木乃香は好きだったが
今日の刹那のキスは異常であった。もちろん悪い方ではなく良い方の意味でである
意識が朦朧として気を失いそうだ。

目が少し慣れて来たようであったがうっすらとしか目を空ける事が
出来なかったため良くは分からなかったが寂しい、切ない、
そんな顔をしていた刹那がいたような気がした。






プツッ





「あれ・・やっと・・・・停電直ったみたい」

「そ・・そうみたいっすね」

「きゅう~」

「あぁ!!アニキしっかり!!!!」




バターン




「お嬢様!?」


「え、何どうしたの??・・ってちょっと木乃香!!しっかりしなさいよ!!」

「た、タオル持って来ますね!!」

「うんお願い。あ、刹那さん」

「はひぃ!?」

「顔赤いけど・・・何かあったの?」

「え・・何も・・ないですよ」

「そう・・・」


明日菜の質問に背を向けたまま返事をした
刹那は急いで流し場へ向かい自分の顔を見た。
驚くほど真っ赤になっていた。ここへ来る前に見た木乃香の顔を思い出した。
何時間もお風呂に入っていたか、それかお酒を飲んで酔ってしまったか
それ以上か・・・・・そう思ってしまうほど真っ赤になっていた。
自分も同じぐらい真っ赤だった。





「タオルを持ってきましたよ」

「あ、ありがと。刹那さん」

「あ・・・・////////」

「あ・・・・///////」

「せ・・・っちゃん//////」

「・・・・・///////」



目を合わせない2人を見て明日菜は木乃香お姫様抱っこをして
ベットへ向かった。


「木乃香、あんたはゆっくりと寝なさい。いいわね?」

「え・・・う、うん」

「明日菜さん・・」

「ね、刹那さん」


刹那にウインクをした明日菜に苦笑いで「ありがとうございます」と呟いた。








~その夜 木乃香~



「ね、寝れん・・・」


「ぐおー」


「きゅう~」









~その夜 刹那~



「私はなんてことを・・・・いくら我慢出来なくなったとはいえあのような・・」


「そういうことはある。というか声に出てるぞ」


「私に話し掛けるな色黒ガンマンスナイパー」


「やつ当たりとはヒドイじゃないか。ドM剣士」


「ケンカ売ってんのか?」


「受けてたつが?」









終わり



今日は暇になったので書きました。
いつになく日本語が変なところがあると思いますが・・
そこは多めに見てやってください。




PR
author : めい ×

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK URL
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin