忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
小説は5段階あります。
>1=ほのぼの系
>2=抱きしめありかも
>3=キスありかも
>4=妙Erかも
>5=Erかも
プロフィール
HN:
めい
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵を書くこと
自己紹介:
漫画を書いたり、音楽を聴くのが
好きなヲタクかも!

ストパニなどの小説やら読んでます。
小説を書く練習だと思ってください。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
最新コメ
[04/04 ミドリン]
[01/04 ミドリン]
[12/27 ミドリン]
29  28  27  26  25  24  23  22  21  20  19 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : めい ×




ある日の朝、刹那は目を覚ました。
しかしいつものようにスッキリとした目覚めではなかった。
起きあがろうにも体が重く、起き上がる事が困難であった。


「刹那」


虚ろな目を擦りながら自分の名前を呼んだ者の姿を確認した。


「龍宮・・」

「どうした刹那、具合でも悪いのか?」

「・・・風邪を、引いたみたいだ」

「そうか・・では今日の仕事は私1人で行こう」

「・・・・」


龍宮は心配すらしてくれないのか、そんなことを思いながら
再び刹那は目を閉じた。


「心配してないわけでもない。が、病人の面倒なんてみてられないだけだ」


独り言のようにそう呟くと、龍宮は部屋を出た。






ぐつぐつ・・コトコト・・

刹那は再び目を覚ました。
すると部屋の奥からとても懐かしいニオイがしてきた。
刹那は部屋の奥から人影らしきものを見つけた。
どの人影が誰なのか分からず、目を凝らしていると
自分に気が付いたのかその人影はそそくさと近づいてきた。


「・・お・・じょ・・さま?」

「せっちゃん!!起きたんやね~良かったぁ心配したえ」

「おじょ・・さま・・ですか?」

「ん?そやえ、せっちゃん」


木乃香は刹那に近づいて額に手を当てた。


「ん~ちょっと高いなぁ・・」

「・・・!?おおお、お嬢様!!何故こんな所にっ・・」

「あーもぅ起きちゃアカンえせっちゃん」

「あ・・すみません。ではなくて!!何故こんな所に居るのですか!?」

「ん~実はなぁ龍宮さんから電話があったんよ」

「龍宮・・から?」

「刹那が風邪を引いたらしいんだが私は仕事で面倒を見てやれない。ってな」

「・・そうですか・・・後であんみつか・・」

「ん?」

「いえ」

「もう少し待っててな、今おかゆ作ってるからな♪」

「・・はい」


木乃香は急いでおかゆの元へと走っていった。
そして嬉しそうに料理をしている木乃香を見て刹那は微笑んだ。
しかし刹那は悩んだ。風邪を引いている自分と同じ部屋に居ると
お嬢様に風邪を移してしまうのではないかと、だからと言って
お嬢様を帰してしまうと龍宮に申し訳がない。

さて、どうしようか・・
だが、今の刹那の頭では何も考えられなかった。
思った以上に症状は酷い様だった。


「せっちゃん、お待たせ♪」

「・・・」

「よいしょ」


木乃香は刹那を起してやると、おかゆをふーふーし始めた。


「お、お嬢様!!いいですよ自分で食べますから」

「せっちゃんは病人さんやからアカン!!」

「うっ・・」

「ふーふー。はいせっちゃん、あーんw」

「うぅ・・あ、あーん」


刹那は渋々木乃香の言う事を聞きおかゆを口に運ぶ。


「どお、おいし?」

「はひ、とてもおいしいです♪」

「えへwじゃぁはい、もう一口」

「はい」





***************






ご飯を食べ終え、刹那は薬を飲み寝ていたが症状はなかなか良くならなかった。
木乃香は刹那の額のタオルを何回も取り替えた。
だが、刹那は今だ苦しそうにしていた。そして木乃香は気がついた。
刹那の服が濡れている事に。これはいけないと、木乃香は変えの服とタオルを
急いで持って来た。

布団を捲くりボタンに手を掛けた。
一つ一つ丁寧に外して行く、木乃香はドキドキしてきた。
刹那の肌はとても白く綺麗な体をしていた。
木乃香は刹那の肌に触れたくなった、こんなにも綺麗な体は見た事なかった。
でもそんな事言っていられなかった。刹那は苦しそうに呼吸を荒くしている。

木乃香は触りたいという衝動を押さえ、綺麗に体を拭いて行く
一箇所一箇所丁寧に拭いて行く、そして変えの服を着せ布団を掛けた。
刹那の寝顔は嬉しそうだった。木乃香は微笑み刹那の額にタオルを置いた。

熱を測ってみようと立った瞬間、何かに引っ張られた。
木乃香の腕を刹那がしっかりと掴んでいた。驚いた木乃香は刹那に目を向けた。
すると刹那は虚ろな目で木乃香を見ていた。


「行かないで下さい・・お嬢様・・」

「せっ・・ちゃん」


木乃香は刹那の手を取り、その場に座った。


「ずーっとここにおる、せっちゃんが眠るまでずーっと」


刹那はニコっと笑い木乃香の手をしっかりと握って目を閉じた。
木乃香は刹那の顔を撫でた。ゆっくりと優しく・・


「はよう・・良くなってな、せっちゃん」


木乃香は刹那にキスをした。
それは触れるだけの軽いキス・・それでも木乃香に十分な幸福を与えてくれる。
木乃香は刹那の手を握って、そのまま深い眠りについた。







続く




風邪のお話です。
今の季節で考えると夏風邪ですね。
そして次回ですが・・大体予想は付きますよね







PR
author : めい ×

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK URL
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin