忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
小説は5段階あります。
>1=ほのぼの系
>2=抱きしめありかも
>3=キスありかも
>4=妙Erかも
>5=Erかも
プロフィール
HN:
めい
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵を書くこと
自己紹介:
漫画を書いたり、音楽を聴くのが
好きなヲタクかも!

ストパニなどの小説やら読んでます。
小説を書く練習だと思ってください。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
最新コメ
[04/04 ミドリン]
[01/04 ミドリン]
[12/27 ミドリン]
1  2  3 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : めい ×




「せっちゃ~んお茶どぉぞw」

「あ、いただきます。お嬢様」

「木乃香~私はおかわりー」

「あ、僕も」

「了解や♪」


ある夜、3人はお茶を飲みながらゆったりと過ごしていた。
晩ご飯を食べ終えたところに刹那がやってきた。
今日は遅い時間まで仕事だったらしく、学校が終わってから
木乃香は刹那と一緒にいる事は出来なかった。
ちなみに今は8時。


いつも自分のとなりに居た人がいないとテンションも上がらない。
離れてたと言っても部活の時ぐらいしかない
流石に何時間も会わないとなると・・


それから刹那は帰ってきた。どんなに遅くなっても
自分のところに帰って来てくれる。
それは木乃香にとってはすごくうれしい事だった。


「そや!!せっちゃんお腹空いてない?晩ご飯一杯残ってもうたんよ」

「え、そうなんですか?・・・じゃぁお言葉に甘えて」

「甘えて甘えて♪」


「木乃香も不器用だよねー刹那さんの分取っておいてたくせにw」

「木乃香さん本当に刹那さんの事が好きなんですね」


「えっと・・・」




ブツッ



「うわぁ何!?」

「あーんびっくりしたぁ」

「お嬢様!!ご無事ですか!!」

「うん。ウチは平気やw」

「停電・・のようですね」

PR
author : めい ×



ど・・どないしよう
これは・・どう見てもキスするところでわ??


朝倉「これはまさかのシャッターチャンス!?」


後輩「あ!!す、すみません!!!」

朝倉「ありゃ?」


刹那「い・・いえ」


2人は顔を真っ赤にしながら慌てて体を起した。


木乃香「よ・・良かったぁ」

朝倉「ちっ」

木乃香「じー」

朝倉「あはは・・」


危ないところだったえー
愛しのせっちゃんの唇を取られる所だった


立ちあがった2人は改めて向き合った。


後輩「あ、あの・・・ひ!?」

刹那「?」

後輩「あ、ああああの先輩!!」

刹那「なんですか?」

後輩「し、失礼します!!また部活で!!」

刹那「え・・・」



author : めい ×


最近せっちゃん人気があるみたいなんよー

皆と仲良ぅなってくれるんわうれしんやけど

あんまイイ気分でもなぃんよ

せやから今日は「せっちゃんの一日」日記をつけようと思う。。

                               日記の一部より






 8:00

せっちゃんはとっくに迎えに来てたけど
明日菜がなかなか起きず遅刻寸前。


木乃香「せっちゃん今日何時に起きたん?」

刹那「へ?・・7時ですけど・・」

いつもはしない質問にちょっと動揺していたせっちゃん。

ほんまかわえーなぁvV





8:30

やっと教室に着いた。


朝倉「おぉーい、桜咲ー」

刹那「なんですか?朝倉さん」


教室に着いたとたんこれや。
なんや、妬けちゃぅ
席に着いて荷物を置くと次はくぎみん。


円「おはよー桜咲さん」

刹那「おはようございます。釘宮さん」

円「今日も遅刻ギリギリで」

刹那「えぇ、明日菜さんがなかなか起きてくれなくてー・・」

円「ご苦労なことで」


めっちゃ楽しそうなんやけど・・
何話してるのかは聞こえないんよ、この距離やからぁ



author : めい ×




ある日の朝、刹那は目を覚ました。
しかしいつものようにスッキリとした目覚めではなかった。
起きあがろうにも体が重く、起き上がる事が困難であった。


「刹那」


虚ろな目を擦りながら自分の名前を呼んだ者の姿を確認した。


「龍宮・・」

「どうした刹那、具合でも悪いのか?」

「・・・風邪を、引いたみたいだ」

「そうか・・では今日の仕事は私1人で行こう」

「・・・・」


龍宮は心配すらしてくれないのか、そんなことを思いながら
再び刹那は目を閉じた。


「心配してないわけでもない。が、病人の面倒なんてみてられないだけだ」


独り言のようにそう呟くと、龍宮は部屋を出た。



author : めい ×


3時。
通常の生徒ならばすでに帰宅している時間。
学校に残っているのは部活をしている生徒のみ・・

ある教室には、まるで魔法使いが被るような帽子を被って
なにやら呪文のような言葉を唱える1人の生徒がいた。


「ふ~んと・・」


木乃香はカードをめくり百面相をしていた。
あまりに真剣だったので人が入っても分からなかった。


「あれ~部長まだ残ってたんですか??」

「ひや!?」

「ひやって・・そんなに驚かなくてもいいじゃないですかぁ」

「か、堪忍な・・」


教室へ入ってきたのは「占い研究部」の部員2人。
1人の部員が木乃香と話していると、もう1人の部員が
カード占いに気がついた。


「部長、相性占いですか?」

「へ・・え、いや・・まぁな~」

「何何何!!桜咲先輩とのですか!!」

「えぇ!!なんでせっちゃんが出てくるん!?」

「え、違うんですか?」

「と、言うより。部長と桜咲先輩の相性なんて今更占う必要ないですよ」

「うんうん♪」

「へ?なんでぇ」


意外な返答に2人は顔を見合わせ、飽きれたように答えた。






author : めい ×
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin