忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
小説は5段階あります。
>1=ほのぼの系
>2=抱きしめありかも
>3=キスありかも
>4=妙Erかも
>5=Erかも
プロフィール
HN:
めい
性別:
女性
職業:
学生
趣味:
絵を書くこと
自己紹介:
漫画を書いたり、音楽を聴くのが
好きなヲタクかも!

ストパニなどの小説やら読んでます。
小説を書く練習だと思ってください。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
最新コメ
[04/04 ミドリン]
[01/04 ミドリン]
[12/27 ミドリン]
17  16  15  14  12  11  10  9  8  7  6 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : めい ×


3月19日。
明日菜はネギと一緒に部屋の飾り付けをしていた。
本当は18日にやる予定だったパーティ
大切な人と過ごしたいのなら・・仕方がないかと
木乃香が幸せなら・・それでいいと。

「ネギ、そっちは出来た?」
「はい!出来ましたよ」
「ふむふむ、なかなか綺麗じゃねーっすか」
「でしょ?器用な人に作らせたんだから!!」
「なーんで自分で作らないんっすかね~」
「うっるさいわね~#」
「ぎゃーすんません!!マジで!?」
「あはは」
「えーっと。木乃香が帰ってくるのは・・」
「5時ですよ」
「5時か~まだ時間はあるけど、ちょっと急ごう」
「そうですね」



和美「ん~念の為フィルムは10個・・は多いか」
さよ「多いかもしれないですね・・でも」
和美「いいっか?」
さよ「はい♪」



超「五月ー。やっぱりメインは肉まんネ!!」
五月「誕生日で肉まん?」
超「肉まんケーキ作ったらどうか?」
五月「それはさすがに・・・」
古「チャオ!!ケーキは特大アルカ?」
超「特大ネ!!」
古「うっほーいっぱい食べるアル!!」
五月「特大って・・・」



美空「野菜はこれぐらいかな?」
アキラ「沢山とれたね。」
亜子「皆新鮮や!!」
裕奈「ドドドドドガガガッガガ~(以下略)~」
亜子「裕奈は相変わらずやな~」
アキラ「裕奈の台詞も略されちゃってるね」
美空「マニアじゃなきゃ書けないよ」
アキラ「それもそうだね」
亜子「裕奈ーそろそろ戻るよー」
裕奈「ぐはっ!?く・・・こんなとこで負けるわけには・・」
亜子「無視かいな・・」



ザジ「・・・」
真名「・・・」
ザジ「・・・」
真名「・・・」
ザジ「・・・・」
真名「スランプか」
ザジ「・・・////」



のどか「何あげようかなー?」
ハルナ「何でもいいんじゃない?」
夕映「やはり占い関係がいいかと」
ハルナ「んーそうだよね。でも今から買うとなったら」
夕映「やはり間に合いせんね。」
のどか「私のお気に入りの本とか」
夕映「お気に入りのジュ-ス」
ハルナ「ズバリ!!このせつ。絡みありのどうじんsぐっ」
夕映「これ以上喋ったらぶん殴るです」
ハルナ「殴ってから言うなよ~」
のどか「ベスト10とかかな~」



美砂「・・・」
円「・・・」
桜子「・・・」
美砂「ふぅ・・」
円「・・・」
桜子「ねぇ・・何で私達台詞が少ないの?」
美砂「それはね」
円「私達が今」
美砂「花を」
円「作ってるから」
桜子「だからって!!」
美砂「作り終わったら台詞増えるよ」
桜子「増えないよ!!絶対増えないよ!!」
円「とにかく今は花を作ろう」
桜子「2人とも何かキャラ変わってない??」
美砂「桜子が一番少ないよ?」
桜子「ねぇ!!応援しようよー!!」
円「にしても、一体何個作ればいいんだろう・・」
桜子「ねぇってばぁ!?2人ともナニ食べたの!!」



夏美「ねぇちづ姉、プレゼント何にするか決めた?」
千鶴「夏美、人はね時に大きな掛けをするのよ」
夏美「え?何!?全然意味わかんなぃよ~」
千鶴「あら大変。ピーが焦げちゃうわ」
夏美「何ピーって!!言えないようなもの焼いてるの!?」
千鶴「あらあら、ピーがポーになってるわ」
夏美「誰か助けて・・・」



千雨「う~ん今日はどんなテーマにしようかな・・
   そういえば、誰か誕生日だとか言ってたな」
ちう「はろはろ~聞いて聞いて!!何と今日は
   ちうの誕生日なのら~え?何歳になったかって??
   それは、ひ・み・つ(ハート)」
千雨「完璧」



史伽「プレゼント何をあげればいいのかわからないです~」
風香「大人のプレゼントってどんなのかな?」
楓「ふむ。大人のプレゼントでござるか~難しいでござる」
風香「大人は大きい買い物をするらしいよ」
史伽「大きい買い物をするです~」
楓「ふむ。確かに大人は大きい買い物をするでござる
  しかし、お金はあるでござるか?」
双子「「・・・あ」」



エヴァ「ふん、誕生日なんて興味もへったくりもないわ!!」
茶々丸「マスターへったくりはちょっと古いと思われます」
エヴァ「だまれこの人造人間が!!解体するぞ!!」
茶々丸「只今解体されています」
エヴァ「つか何でここにハカセがいるんだ!!」
聡美「定期メンテナンスですよ。」
エヴァ「そんなの私の家ですることじゃないだろう!!」
聡美「エヴァさんが茶々丸を連れてこないから私が来たんです」
エヴァ「うるさいんだよその金属音がぁ!!」
聡美「我慢してください。直ぐ終わりますから」
エヴァ「何が直ぐ終わるだ!!2時間もやってるじゃないか!!」
聡美「まだ2時間しか経ってません」
エヴァ「お前がメンテンス受けろ」



刹那「このちゃん」
木乃香「なんやせっちゃん。」
刹那「あの・・」
木乃香「あ、その前に・・・ウチらの名前変えてくれへん?」
せっちゃん「これは」
このちゃん「やっぱりこっちがええやろ?」
せっちゃん「そ・・うですね」
このちゃん「で、なんなん?せっちゃん」
せっちゃん「はい。あのそろそろ帰りませんか?」
このちゃん「ん?なんで」
せっちゃん「いや・・今日はパーティがあると
       明日菜さんが言っていらしたのでは?」
このちゃん「あーそう言えばそんな事言ってたなぁ~」
せっちゃん「皆さん待っていらっしゃいますよ」
このちゃん「せやな、そろそろ帰らんと明日菜に怒られてまう」
せっちゃん「はい」
このちゃん「あっ、でも残念なお知らせやで!せっちゃん」
せっちゃん「何ですか?」
このちゃん「これ以上長くなるとアレやから、今日はこれで
       終わりらしいえ」
せっちゃん「え!?そうなんですか。ってことは、この番外編続くんですか?」
このちゃん「続くえ、せやからパーティーは次号やで」
せっちゃん「次号ですか・・・」
このちゃん「次号やで♪」
せっちゃん「次号ですか♪」
このちゃん「今日は」
せっちゃん「語りが」
このちゃん「少なかったかな~」






続く





ってなわけで、番外編だけど続きます。
春休みが終わる前には書きたいと思います。

PR
author : めい ×

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK URL
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin